疲れについて:ご存知のように肩甲骨は肩こ...

ご存知のように肩甲骨は肩こりや目の疲れと密接な関係があります。
肩こりに関係する筋肉は三角筋と僧帽筋です。
僧帽筋は三角筋の働きを助けるために肩甲骨を安定させています。
この三角筋と僧帽筋などの肩甲骨周辺の筋肉が緊張するとたちまち肩こりを感じるようになります。

『筋肉・たんぱく質』たんぱく質が足りないと、筋肉が衰え、貧血になったり疲れやすくなます。
動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の比率は1対1にすることが理想的です。
肉や魚、豆腐、乳製品をまんべんなく摂ることが大切になります。
肉は脂肪分の少ない赤身を選ぶと低コレステロールで安心です。
野菜やきのこ、海藻などとバランスよく組み合わせて食物繊維を加えるとなお良いです。

そこでできるだけ肩甲骨回りの筋肉をゆるめることが大事になります。
筋肉をゆるめる方法はいろいろありますが、簡単なストレッチや気分転換などの休息をとる事で充分に回復します。
基本的にその都度対応をしていれば、肩こりはこじれることはありません。
筋肉は使った後が一番緩む性質があります。
ほどよく肩甲骨を使い、あとはリラックスすることが肩こり予防には最適です。

『たんぱく質が豊富な食品』鶏ささみ・豚ヒレ肉・牛モモ肉・卵・生鮭・まぐろ赤み・かつお・納豆・木綿豆腐脂肪の少ないヒレ、もも、ささ身などの肉や赤身の魚、大豆製品や卵など良質のたんぱく質を上手に摂りながら筋肉を強化することが大事です。
最後に食事の回数ですが、基本は3食しっかり食べるほうが良いです。
何ごとも規則正しくすることが健康につながます。
身体が健康であれば、腰痛なんて感じないものです。

腰痛治療の効果を上げるためには肩こりを解消する必要があります。
ここでは肩こりのストレッチのやり方について、私の秘伝の肩こりストレッチをご紹介します。
肩こりは肩甲骨だと前回説明したが、まずは肩甲骨を中心にストレッチをすることが大切です。

腰痛でお悩みの方はこちらがおすすめです!
さくっと腰痛改善道

関連情報はここから⇒      
食べる水素で腰痛解消
posted by 腰痛治療 | 治療
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。